TOP > Blog

Windows Server 2012/R2を日本語化した際に出るワーニングを解消する

Azure 仮想マシンとは

Azure 仮想マシンは以下の特徴を備えた本物のクラウドサービスです。

  • 多様なOSサポート:Windows、Linux、FreeBSD、OpenBSD
  • 柔軟なスケールアップ・ダウンおよびスケールアウト・インが可能
  • 従量課金:分単位での課金、日本円での請求が可能
  • 冗長性:国内の2リージョン(東京、大阪)のみで災害対策が可能

Windows Serverの日本語化とエラー

Azure 仮想マシンをマーケットプレイスから導入する場合、OSは英語版にて提供されていますが、運用を考えると言語を追加して日本語化することが多いと思います。

言語の追加については以下の手順が参考になります。

 

Windows Azure 仮想マシン上のWindows Server 2012の日本語化は標準手順で OK

 

さて、Windows Server 2012 R2を日本語化すると、ローカルセキュリティポリシーの管理画面起動時に以下のようなエラーが複数出るようになります。

 warning

 

 

いくつかの管理用のテンプレート(例ではExplorer.admx)にて、最新のパッチが適用された英語版のOSと、日本語化で導入したパッケージのバージョンの差異が発生していることが、エラーの原因のようです。

ローカリゼーションのためのテンプレートのエラーでありアプリケーションの動作上は問題ないようですが、気持ち悪いのでエラーが出ないようにしておきたいところです。

 

日本語化を行った後に最新のパッチを適用することである程度のエラーは解消されるのですが、どうしても消えないエラーがありました。

 

WEBを検索すると以下の記事がありましたが、検証環境では適用できないパッチがあり、この手順通りいきませんでした。

 

Windows Server 2012 R2 (KB3000850 適用済) 英語環境への日本語言語パック追加について

 

適用するパッチ

結論としては、オプションで表示されている「KB3012702」を適用することで、エラーが解消されました。

このパッチが修正する不具合のタイトルが「Windows で RDS サーバーへのログオン時に移動されたユーザーのいくつか既定のプログラムの関連付けが失われる可能性があります」であるため一見関係なさそうに見えますが、admx、admlファイルの修正を含んでいるため本現象も解消するようです。

  

まとめ

英語版のまま運用するのであれば、このような問題にはあたらないと思います。

Windowsはパッチ管理が面倒ですね。

 

参考URL

ADMXテクノロジの概要

 

おことわり

本記事でご紹介する内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

 

Click me

おすすめBlog

Azureの仮想マシンでActive Directoryサーバーを構築する際に気をつける5つのこと | 株式会社オートマティゴ

Azure Site Recoveryのリージョン間レプリケーションを利用したDR構成の実現【設定編-その2】 | 株式会社オートマティゴ

Azure Site Recoveryのリージョン間レプリケーションを利用したDR構成の実現【設定編】 | 株式会社オートマティゴ

Azure Site Recoveryのリージョン間レプリケーションを利用したDR構成の実現【概要編】 | 株式会社オートマティゴ

Azure上へのファイルサーバー導入:オンラインストレージサービスとの6つの比較 | 株式会社オートマティゴ

オンプレミスのバックアップサーバーのデータをAzureに保管する場合の4つのポイント | 株式会社オートマティゴ

Azure Backupを利用してオンプレミスのサーバーをバックアップするときに気を付ける2つのこと | 株式会社オートマティゴ

ファイルサーバーをAzure上に構築する5つのメリット | 株式会社オートマティゴ