ERP on Azureクラウドサービス

お客様がオンプレミスまたはホスティング、SaaSで運用されている基幹システム(ERP)をMicrosoft Azureへ移行し、ランニングコストの削減、モダナイズの迅速な実現、 セキュリティの強化等を支援します。また、構築から運用までをワンストップで提供するマネージドサービスを提供することでお客様の負担を軽減します。

お客様負担を軽減し、柔軟な対応によりスムーズな移行と運用を実現

ERP on Azureの特徴

お客様がオンプレミスまたはホスティング、SaaSで運用されている基幹システム(ERP)をMicrosoft Azureへ移行し、ランニングコストの削減、モダナイズの迅速な実現、 セキュリティの強化等を支援します。また、構築から運用までをワンストップで提供するマネージドサービスを提供することでお客様の負担を軽減することを特徴としています。

将来予見されるリスクを排除し、モダナイズ化の推進、またコスト削減による予算をソフトウェアとソリューションの開発に時間と労力を集中させることが可能となります。

 

  • 新たな技術・サービスの採用が可能なAzureによるプラットフォームの最新化
  • ハイブリッドへの対応、オンプレミスAPのクラウド化と統合運用の可能性による運用管理性、プロセスの効率化
  • アプリケーションのバージョンアップ、障害時のダウンタイムを極小化し、業務停止リスクを低減

ERP on Azureへの移行を行う理由

Azureクラウドへの移行が、ランニングコストの削減、モダナイズの迅速な実現、 セキュリティの強化など、一般的に多くのメリットが考えられますが、以下具体的なきっかけから、ERPをAzureクラウドへの移行検討が必要と思われます。

 

更なる運用効率の向上と運用コストの削減

既存クラウド(またはオンプレミス)が固定的で非効率な運用サービスになっていないか?

クラウドプラットフォームの自由度と最新化

クラウドが提供する新たな技術・サービスの組み込みや選択が期待できるか?

運用管理性、プロセスの効率化

ハイブリッドへの対応、オンプレミスAPのクラウド化と統合運用の可能性

障害やメンテナンスによる業務停止リスクの低減

アプリケーションのバージョンアップ、障害時のダウンタイムの極小化できるか?

 

将来予見されるリスクを排除し、モダナイズ化の推進を行える環境へ移行すること、またコスト削減による予算を

ソフトウェアとソリューションの開発に時間と労力を集中させることができ、以下の要件を満たすことができます。

 

  • ビジネス支援(機能提供)をより迅速かつ高い頻度で行えること。
  • データセンターやハードウェアリソースの更新。
  • スケーラビリティの要件を、より高い費用対効果でサポート。
  • ライセンスの更新。アプリケーション開発とモダナイズ。

 

現在の環境をAzureに移行することにより、ビジネスを加速させるための基盤を構築することができます。

IT 部門は、セキュリティと信頼性を向上させ、 アプリケーション開発を促進し、中核的な戦略プロジェクトへの

投資を迅速に図ることができます。

 

Azure環境構築をワンストップでご提供

Microsoft Azureを活用した、基幹システムのクラウド化をご支援します。設計構築から運用までをワンストップで提供いたします。

 

Microsoft Azureマネージドサービス(標準サービス)

役割 内容
ライセンス販売

Microsoft Azureのライセンス販売代行を行います。

クラウドの設計・構築

クラウド環境を構築します。構成ヒアリングから設計まで冗長構成や負荷分散をご提案、実施します。

各種チューニング

ミドルウェア環境のチューニングを実施します。

カーネルやミドルウェアのパラメータ調整を行い、パフォーマンスの適正化、ログやバックアップの世代管理を設定します。

マネージドサービスプラン ブロンズ シルバー ゴールド
運用・監視

24時間365日の有人監視を行います。Zabbixによるシステム監視を行い、muninリソースモニター(※)を提供します。(※)Windows Server環境は除きます。

監視 監視 運用・監視
付加・障害対応

サービスのアクセス負荷や障害対応を行います。障害時通知、動作確認、復旧対応を行います。高負荷時のScale Out、Scale Upを実施します。

  エスカレーション

エスカレーション

イレギュラーサポート

当社のサービスソリューションに関しては、
こちらからお問い合せください。